旅行の持ち物は何が必要かチェックリスト

旅行の持ち物は何が必要か考えてみましょう。
●着替え
  洋服や下着、靴下など。
  部屋着用のTシャツや短パンなども持っていくとよいでしょう。
●化粧品
  ふだん使い慣れたものを旅行用に小分けに入れ替えて持ち物にするとよいでしょう。
  メイク落としや洗顔フォームなどは、1回分のものが便利です。
●お風呂グッズ
  シャンプーリンスなどは、海外のものは日本人の髪質に合わなくてゴワゴワになってしまう人もいます。
  旅行の持ち物用の小さなものも売っています。
  歯ブラシセットは持ち歩きができる携帯用なら、食事後に外でも使えて便利です。
  
●充電器
  携帯電話の充電器や、デジカメの充電器が必要ですね。
  電圧の合わない海外では、ホテルに頼むと、変圧器を貸し出してくれるところもあります。
●メガネ
  コンタクトを取った後や、コンタクトが割れてしまった時などに。
  使い捨てコンタクトを使用している人は、スペアを旅行の持ち物の中に入れておくと重宝するときがあります。
●薬
  普段使用している薬があれば持っていきましょう。
  海外の場合は、粉薬よりも、カプセルなどのほうが都合が良い時があります。
  虫刺され・虫よけを持っていくと重宝します。
  整腸剤も持っているとよいでしょう。
●デジカメ
  旅行の思い出を残しておきましょう。
●クレジットカード
  海外では、買い物ができる上に身分証明にもなりますのであるとよいでしょう。
  比較的、VISA・マスターが多くの国で使えるようです。
●パスポート
  これは旅行の持ち物の中でも特に重要なものですね。
  海外に行く時には、有効期限の残も確認しておきましょう。
これはほんの一部です。
寒い国に行くか、暑い国に行くかでも大きく旅行の荷物は変わってきます。
しかし、旅行に行くからって、何も特別な持ち物を持っていく必要はありません。
普段の生活で必要なものを最低限持っていけばよいと思います。
よほどのへき地に旅行に行かない限りはお店もありますので、旅行の持ち物が増えるのが嫌だという人は、現地で調達すればよいでしょう。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

旅行の持ち物で意外と重宝するものが小さな洗濯物干し

海外旅行に持っていく旅行の持ち物で意外と重宝するものが、小さな洗濯物干しです。
洗濯ばさみがたくさん付いているものです。
これが旅行の持ち物にあると海外では、特にビーチリゾートでは重宝します。
海に入って、濡れた水着を乾かしたりするのに便利です。
濡れた水着を持って帰るのは嫌ですよね。
海外旅行先のホテルでは物干しがないところがあったりします。
あっても干しにくかったり…と、なかなか不便なところが多いです。
旅行の持ち物の中に入れてもかさばらないのがいいですね。
100円ショップなどでも売っていますので、一つ用意しておくとよいでしょう。
そして、もう一つ海外のホテルであると便利な旅行の持ち物は、スリッパです。
海外のホテルは靴のまま部屋に入るタイプがほとんどです。
長時間のフライトからやっとホテルの部屋についてくつろぎたいのに、靴を履いたままではくつろげませんね。
靴を脱いだところで、ちょっと移動するのにまた靴を履きなおすのは面倒ですね。
そんな時にスリッパがあると重宝します。
また、シャワーを浴びた後など、靴を履くのは気持ちが悪いですよね。
ホテルに備え付けのスリッパがあるところもありますが、使い捨てのタイプならいいのですが、使い回しのものはどうも気持ちが悪いですよね。
携帯用のスリッパなら飛行機の中でも重宝します。
飛行機の中は、気圧の関係で靴などで体を締め付けたまま同じ体勢で長時間いると、エコノミー症候群になってしまいます。
それを回避するためにも、靴からスリッパに履き替えるといいでしょう。
旅行の荷物の中に入れて、荷物を空港で預けてしまうといけないので、スリッパは、機内に持ち込む手荷物に移しておく必要があります。
スリッパは、旅行先でも安く買えますね。
ビーチサンダルなどを購入して、とりあえずホテルの中用に使うのもいいと思います。
旅行の持ち物で持っていくのが嫌だという人は現地で調達して下さい。
せっかくの旅行ですから、今一度旅行の持ち物を確認して、リラックスできるようにするのがよいでしょう。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

旅行用品としての低反発スリッパをおススメする理由

海外旅行に持っていくと重宝する旅行用品は色々とありますが、特におススメしたいというか、必ずと言っていいほど持っていっていただきたいものはスリッパです。
スリッパにも色々なタイプのものがありますけど、低反発スリッパをおススメします。
最近は日本でも多くなってきましたが、海外のホテルでは、部屋の中でも靴でいるタイプの部屋がほとんどです。
やっとホテルについて、くつろいでいるのに、靴を履いたままではゆっくりリラックスできないと思います。
旅行用品としての低反発スリッパをおススメする理由は、低反発だと体圧分散効果によって、足への負担がかからないようになっています。
どんな足型にもぴったりフィットします。
血行が良くなるので、たくさん歩く旅行には必要な旅行用品だといえます。
この低反発スリッパは、飛行機の中でも大活躍です。
長時間のフライトで靴を履いたままだと、気圧の変化で窮屈に感じる人が多いと思います。
血行も悪くなるし、足も蒸れてくるし…といいことありません。
そんな飛行機の中でも快適に過ごすためにスリッパは必需品でしょう。
そして、足元の旅行用品ということでもう一つ。
あるといいのが五本指ソックスです。
旅行中は歩き通しのことが多いですね。
足が痛くなってしまえば、せっかくの旅行も台無しです。
五本指ソックスは、その名の通り、指の股が分かれているので、汗をよく吸い取り、水虫・足のにおいに効果があります。
旅行中はよく歩くので、足のにおいも気になるところですよね。
ちょっと見た目が恥ずかしいという方は、旅行用品の中にこっそり忍ばせましょう。
(まぁ、履く時にばれてしまいそうな気もしますが…。)
血行促進にもなりますので冷え性の方にも良いそうです。
足の指が分かれていることによって、歩きやすくなって、疲労が軽減されます。
まさに旅行にはもってこいの旅行用品ですね。
足は旅行の基本にもなりますね。
色々と旅行用品でケアをしてあげて、楽しい旅行を旅行用品と共に見つけてください。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

旅行用品必携の一つが携帯電話用の携帯充電器

旅行には色々な旅行用品があります。
旅行の荷造りをする時に、何を持っていくか…と、考えるのですが、もし、荷物に余裕があるならば、ぜひ持っていっていただきたい旅行用品の一つが、携帯電話用の携帯充電器です。
携帯電話は、今や持っていない人がいないのではないかと思うくらいに私たちの生活に密着しています。
旅行用品の中に、普段使用している電源コード式の充電器を持っていかれる方は多いと思います。
今回紹介している旅行用品の携帯電話の携帯充電器は、電源を使用しないタイプのものなのです。
最近の携帯電話は、機能が充実しています。
カメラやラジオ・テレビ、音楽プレーヤーなど、本来の電話という機能よりも付属の機能の方を使っている人も多いのではないのでしょうか。
そんな中、旅行中には、携帯電話の電池の残量が気になりますね。
旅行中の電池切れは絶対に避けたいものです。
うっかり充電を忘れると大変なことになってしまいます。
日常生活でも携帯電話の電池が切れてしまうことがとても不安だという人は多いと思います。
ましてや、旅行中なら一層のことですね。
そんなことでは、楽しんで旅行ができませんね。
今一度、旅行用品を見直して、携帯電話の携帯充電器をご用意ください。
もし電池が切れてしまったら、充電しなくてはいけません。
でも、旅行中などの外出先などでは簡単に充電ができませんね。
そんな時に持って行って重宝する旅行用品が、携帯電話の携帯充電器です。
手動式でくるくる回して使うものが主流のようです。
最近はソーラー電池式のものもあるようです。
携帯電話各社対応で販売されているようなので、一つ持っているのもよいと思います。
従来、災害でも広く活用されているため、ラジオ付きのものもあります。
旅行用品としても重宝しますが、災害用としてのニーズも大きいです。
まだ持っていないという方はこの機会にぜひ購入してみてください。
さほど、高価なものではないようです。
今と昔では、旅行用品もだいぶ変わってきているようですね。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

予約の方法を工夫するだけで格安な国内旅行が楽しめます

国内旅行に行く時に、誰でも、格安に国内旅行に行ければうれしいですね。
まぁ格安に旅行するのは、国内旅行だけに限ったことではないのですが…。
格安に国内旅行をする=あまりお金をかけて国内旅行をしないということですが、これは、それぞれ人によって色々な考え方・感じ方があると思います。
せっかく旅行に行くのだから、楽しく行きたいものです。
旅費や宿泊施設などを格安に抑えることができれば、他のことに少し贅沢できるかもしれません。
格安国内旅行を設定すると、少しの贅沢にすごく感動できるかもしれませんね。
格安に国内旅行を楽しむには、移動を夜行バス・夜行電車などを利用してはどうでしょうか。
会社によっては、インターネット予約をしたり、回数券などを購入すると割引になったりしますので、そういうものを上手に活用して下さい。
青春18きっぷなどを上手に活用して格安国内旅行を楽しんでいらっしゃる方も多いです。
飛行機を使っての国内旅行の場合でも、予約の方法を工夫するだけで、格安な国内旅行に仕上げることができます。
各航空会社では、独自な割引プランを設定していますので、発売日や期間などをよく調べて、うまく旅行に取り入れてください。
お金をかけた旅行が必ずしも良いものとは限りません。
旅行とは、誰と行くか、何をするかということが大切だと思います。
もちろん、一人旅の場合でも同じことでしょう。
たとえそれが、格安に仕上げた貧乏旅行だとしても、内容が充実していれば楽しい旅行になることでしょう。
旅行に出ると財布の紐がゆるくなってしまう人も多いいのではないでしょうか。
お土産など、気持ちはわかりますが、本当に必要か・喜ばれるものなのかを考えて買い物もしてください。
あまりお金をかけなすぎて、その旅行自体がつまらない苦痛なものになってしまってはせっかくの旅行も台無しになってしまいますね。
格安に行く国内旅行とは、ちょっとの手間で実現できることが多いです。
締めるところは締め、かけるところはお金をかけて、思い出に残る楽しい旅行をしてください。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

安心を購入するような気持ちで旅行保険に加入して下さい

海外旅行保険と一口にいっても色々なものがあります。
その保険の対象はほとんどのものに対してあります。
もちろんすべての対象に保険をかければ保険料が高くなってしまいます。
最近は、リスク細分型の保険が主流で、行き先や旅行日数、補償内容などで金額が設定されます。
本当に自分に必要な保険は何なのかを考えて、心配な部分にだけは最低限旅行保険に入るようにしましょう。
保険会社には多くの場合で、サポートデスクや日本語対応などを行っていますが、まれにあまりサービスが行き届いていない会社もあります。
せっかく旅行保険に入っているのに、いざというときにそのサービスを利用できないなんていうことはあってはならないと思います。
加入の際にはもしもの時に備えて確認しておきましょう。
海外旅行先では、気分が盛り上がってしまってホテルなどの高価な家具や備品を破損してしまったり、他人にケガをさせてしまったり…と不測の事態が起こることもあります。
自分は大丈夫などと思わないで、旅行保険に加入しましょう。
高価な旅行かばんやカメラなど、海外で狙われる可能性もあります。
一番の予防は、このようなものを持っていかないことですが、そういうわけにもいかない場合もありますね。
万一盗まれた場合も保証してくれる旅行保険があります。
旅行中は無理な行動をしたり、食べ過ぎや飲みすぎに注意しましょう。
海外では生水は飲まない!皮をむいて放置してあるフルーツは口にしない!
これ鉄則です。
虫や動物から感染する場合もあるので、そのような危険がある場所にはなるべく近づかないことです。
何かに遭わないためにはまず自己防衛が必要です。
普段飲みなれている薬も持参したほうがよいです。
ケガや発熱などは突発的にやってきます。
日本では病院で保険が利くので負担金が少ないのですが、海外では救急車に乗るだけで高額な金額を請求されたり、ましてや治療ともなると想像を絶するほどの金額を請求されることがあります。
このようなことを避けるためにも旅行保険に加入しましょう。
保険は掛け捨てになりますが、安心を購入するような気持ちで旅行保険に加入して下さい。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

クレジットカードに付帯している旅行保険を上手に活用

海外旅行に行く際に、旅行保険に加入される方は多いと思いますが、その保険、皆さんはどこで加入していますか?
旅行代理店、保険会社、インターネット、直前に空港…と、旅行保険に入る方法はいろいろあります。
おススメは、自宅を出発してから帰宅まで保証してもらえるものです。
自宅から空港までにも何が起こるかわかりませんね。
「旅行保険には入るつもりだけど、出発の空港で加入すればいいや…。」と考えている方も多いと思いますが、事前に余裕があるならば、是非旅行前に、旅行の荷造りをする感覚で旅行保険にも加入して下さい。
空港で、勧められるがままに、セットの旅行保険に高い金額で加入するなんてもったいないですよ。
クレジットカードに付帯している海外旅行保険に頼っていられる方も多いと思います。
でも、そのクレジットカードの旅行保険、今一度内容を確かめてみてください。
というのは、クレジットカードに付帯している旅行保険には、そのカードで旅行代金を支払ったものに適用というものも多くあるのです。
旅行保険が付帯しているからと安心しているあなた!旅行代金はそのカードで支払ってますか?
なにかあってからでは遅いのです。
そして、クレジットカードの付帯している旅行保険の補償内容なのですが、基本保証(傷害死亡、傷害後遺障害、傷害治療費用)のみの場合が多いのです。
一度確認してみましょう。
中には、基本保証(傷害死亡、傷害後遺障害、傷害治療費用)に加え、疾病治療費用、携行品損害、賠償責任、救援者費用など幅広く保証してもらえるものもあります。
旅行代金をそのクレジットカードで支払わなくても海外旅行保険が自動付帯で年会費無料なんていうクレジットカードも出ているようなので、調べてみてください。
クレジットカードに付帯している旅行保険では、90日保障というものが多いようです。
たいていの旅行ならこれで賄えるでしょう。
クレジットカードに付帯している旅行保険を上手に活用して、必要なものは他で補って安心して海外旅行に行って下さい。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

海外旅行に行く時には、旅行保険への加入をおススメします

海外でトラブルにあっている人が40人に1人はいるというデータがあります。
海外旅行に行く時には、旅行保険への加入をおススメします。
日本では、病院で保険が利きますので、負担金が少ないのですが、海外では、救急車に乗るだけで高額な金額がかかり、治療ともなるととても莫大な金額がかかる場合があります。
そんなことになってしまったら、せっかくの楽しい旅行も気分が落ち込んでしまいますね。
そんな心配をなくすためにも、海外旅行保険に加入をしてから出発することをおススメします。
では実際のところどのくらいの方が海外旅行保険に加入するのでしょうか?
データによると、一度も加入したことがない人が1割ほどいるそうです。
もちろん旅行保険への加入は任意ですから構わないのですが、加入しないその理由のほとんどが高いからとか、自分には旅行保険など必要ないという人でした。
金額が高いからという方には、インターネットから加入すると割引になったり、リスク細分型の保険で、自分の必要なものだけ入るという方法もあります。
自分には必要ないなんて言いきれるのでしょうか?
旅行にはハプニングはつきものです。
そのハプニングが、楽しいものばかりでしたら嬉しいのですが、そうでないこともあり得ます。
海外旅行で楽しく過ごすためにも旅行保険は必要なアイテムだと思います。
旅行保険には、傷害死亡・後遺障害、治療費用、疾病治療費用、携行品損害、賠償責任、救援者費用などが補償されるものがあります。
しかし、旅行保険によっては傷害死亡・後遺障害のみの保証だったりする場合がありますので、ご加入の際にはその旅行保険をよく確かめてください。
海外旅行で気をつけるのはやはり衛生面、食べ物、飲み物、気候による寒暖差を十分注意して、病気にならないようにするなど、まずは自己管理が大切です。
危険な場所には近づかないなどの自己防衛も必要です。
万が一の時に頼りになるのが旅行保険です。
安心を携帯して、旅行を満喫してください。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

旅行雑誌「やえやまGUIDE BOOK」がおすすめ

色々な旅行雑誌がありますが、良い旅行雑誌とはどのようなものなのでしょうか?
旅行雑誌を買ってみたら、広告ばかりで、欲しい情報が全然載っていない!なんていう経験をしたことがある方は多いのではないでそうか。
旅行雑誌が比較的に安価なのには、広告から収益を得ているからです。
ですので、収益重視の旅行雑誌に当たってしまった場合には、広告ばかり…というものに当たってしまうことが稀にあります。
多少の広告はしょうがないとは思いますが、旅行雑誌には、旅行のエキスパートとして、私たちに有益な情報も多く発信してもらいたいものですね。
「やえやまGUIDE BOOK」という旅行雑誌があります。
八重山諸島に旅行をしたことのある方はご存知の方が多いのではないでしょうか。
この旅行雑誌は、石垣島・竹富島・小浜島・西表島・鳩間島・新城島・黒島・与那国島・波照間島の八重山の島々のスペシャルガイドです。
100%地元編集人が制作しただけあって、どの情報を取っても、地元密着の良い情報ばかりです。
八重山旅行の時にはとっても役に立ちます。
沖縄には、日本の中でも特別、独特・独自の文化がたくさんあります。
本土の人間には分からないことが多いのです。
この旅行雑誌「やえやまGUIDE BOOK」では、そういった八重山の習慣や風習なども紹介してくれています。
この一冊であなたもすっかり八重山通になれますよ。
旅行雑誌には、色々なタイプのものがあります。
カラー写真が多いものや、マンガ調にされたものなどありますが、自分に合った旅行雑誌を見つけることで、その旅行がよりよいものになっていくことでしょう。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

旅行雑誌は100円ショップなどでも安価に発売されています

旅行に行く時には、色々な情報源からその旅行地の情報を取り入れると思いますが、インターネットから情報を収集される方が増えてきた中、旅行雑誌からという人も多いことでしょう。
旅行雑誌の良いところは、知りたい情報がすぐに取り出せると言うところでしょうか。
携帯電話などのサイトで情報を収集している方も多いと思いますが、飛行機などに乗った場合、携帯電話の場合は電源を切らないといけないですね。
その点、旅行雑誌でしたら、飛行機に乗っている間にも情報収集ができますので、機上中に色々と調べて、旅行地に到着をしたらすぐに行動に移せますね。
こういった理由から、旅行雑誌の活用をおススメいたします。
旅行雑誌には多くのもので、閉じ込で折り込み地図は付いているものがあります。
旅行などで、知らない観光地に行く時にはこれがとても便利です。
周辺の観光スポットや、グルメ・ショッピング情報などが記号で載っているものもあり、観光にとても役立つでしょう。
最近の旅行雑誌は、ポケットに入る持ち運びに便利なコンパクトなタイプのものも多く出版されていますので、旅行中に携帯するのにとても便利です。
旅行雑誌は、100円ショップなどでも安価に発売されていますので、ピンポイントで情報が欲しい場合にはとても便利ですね。
世の中は、デジタルの時代になっていますが、旅行雑誌は、アナログの良いところが残っていて、これからもずっと、旅行ファンのために、色々な情報を提供していただきたいものです。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

旅行雑誌でおススメの観光地に箱根があります

各種旅行雑誌でおススメの観光地に箱根があります。
温泉特集や名旅館などで、旅行雑誌ではよく特集を組まれています。
箱根は温泉地としてはもちろん有名なのですが、これからの季節は、芦ノ湖に映る色づいた紅葉が何とも言えない風情を醸し出します。
その風景は、旅行雑誌などでも表紙に取り上げられるほどです。
特に、晴れた日に富士山を望む景色で、箱根神社の鳥居の赤い色が映えている写真は何とも言えない美しさです。
そして、また旅行雑誌で多く取り上げられる箱根の風景に、仙石原のススキ野原があります。
秋が深まるにつれて、箱根全山のススキが美しい季節になりました。
仙石原の湿原を守るようにたたずむ乙女峠~長尾峠の路傍には、萩や女郎花などの秋の野草が咲き、峠からは仙石原の町並や湿原、ススキ草原、ゴルフ場などが一望できます。
遠くには秋の陽に輝く芦ノ湖の湖水も目に飛び込みます。
この時期に発売される旅行雑誌では特集を組んでいるものも多いです。
箱根には、色々なハイキングコースがあります。
初心者から上級者まで、色々な方が箱根にハイキングに訪れます。
旅行雑誌には、そのハイキングコースを細かく分析しているものもありますので、箱根にハイキングに来られる時には、そういった旅行雑誌を参考にしていただければと思います。
ハイキングの途中に寄っていただきたいのが、旧街道にあります「甘酒茶屋」です。
甘酒でハイキングの疲れを癒して、くつろいでいただければと思います。
こちらの「甘酒茶屋」は、旅行雑誌にも良く取り上げられています。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

海外旅行などのロングフライトで用意しておきたい旅行用品がアイマスク

飛行機に乗って、長距離の移動をする時があります。
海外旅行ですと、何時間も飛行機の中にいることになりますね。
飛行機の中でも快適に過ごせるように、旅行用品には特に気を配りたいものです。
快適になれる旅行用品を見つけることが、いかにリラックスして飛行機乗っていられるかということになります。
海外旅行などのロングフライトの場合、いかに、座ったままの姿勢で快適な睡眠を得られるかということが重要になってきます。
そこで用意しておきたい旅行用品がアイマスクです。
アイマスクは、たとえ眠れなくても、目を暗くしていることでリラックスすることができます。
そして、もう一つあると重宝する旅行用品が、耳栓です。
飛行機に乗ったとき、特に、離陸時や着陸時などに耳に違和感を覚える人は多いいと思います。
これは、耳の中の圧力の変化からおこるものですが、その違和感を緩和するのに耳栓は有効です。
アイマスクや耳栓は、その他の機能が付いていたり、デザインも豊富に出ています。
海外旅行先の旅行用品などを扱っているお店では、日本にはないようなタイプのものが売っていることがあります。
色々と見比べてみて、自分に合ったものを探してみてください。
そしてまた、飛行機の中で気になるのがいびきや歯ぎしりですね。
これは、寝ている間のことなので、どうしようもないのかもしれませんが、出来る限りのことはしてみましょう。
いびきには、鼻孔を広げるテープなどが主流ですが、サプリもあります。
歯ぎしりにも、口の中に入れて使うプロテクターのようなものもありますので、旅行用品を扱っているお店などで探してみてください。
ちょっとした旅行用品への気の使いようで、リラックスした飛行機の旅が演出されます。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

グアムの伝統料理の「チャモロ料理」も味わって

日本から気軽に行ける海外旅行先にグアムがあります。
グアムでの楽しみは、何といっても、どこまでも続く白い砂浜、青い海でしょう。
グアムはショッピング天国とも言われています。
ショッピングもグアムでの大きな楽しみの一つとなるでしょう。
グアムでは、様々な人に対応できるホテルがたくさんあります。
オーシャンフロントで豪華に過ごしたいカップルや、エコノミーに滞在したいファミリー向けのホテルや、キッチンなどが付いたコンドミニアムタイプもあります。
比較的に安価で旅行ができるということで、グアム旅行はとても人気です。
グアムには見所もたくさんあります。
●デデドの朝市
地元民がたくさん集まることでも有名な朝市です。
毎週土曜日・日曜日の早朝に開催しています。
グアム旅行のお土産品から食べ物の屋台、生活用品までバラエティ豊かな品揃えで、見ているだけでも楽しいです。
グアムの日常を垣間見ることができるでしょう。
●恋人岬グアムのシンボルとも言える観光名所で、とても悲しい恋の伝説の舞台となった岬です。
展望台からは、タモンはもちろん、遠くの岬まで一望することができます。
グアムの美しい風景を見ることができます。
●平和慰霊記念公園ジーゴから北東にかけて太平洋戦争時、日米の激戦地となったところです。
旧日本軍兵士の霊を祀る、慰霊塔があります。
グルメも、グアム旅行の楽しみの一つです。
市場での食べ歩きはもちろん、グアムの伝統料理の「チャモロ料理」も味わっていただきたいです。
グアム旅行では、きっと「癒し」を感じていただけると思います。
爽快な気候、キレイな海、おいしい料理、気さくな人々…など、グアムには素敵な魅力がたくさんあります。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

グアム旅行の時には、気温の変化に注意してください

日本から一番近いアメリカ合衆国がグアムです。
このグアムには、毎年日本からもたくさんの旅行客がグアムに渡っています。
アメリカ合衆国に属しているのですが、グアムは、長きにわたり、スペインに統治されていました。
いまだに、グアムの文化や風俗には、スペイン統治時代の香りが色濃く残っています。
グアムの良いところは、その温暖な気候と美しい海、白い砂浜、ショッピング天国…と言い表わしたら、一言では言い尽くせませんね。
冬でも最高気温が30℃を超えます。
グアム旅行の時には、気温の変化に注意してください。
そして、常夏アイランドのグアムですが、建物の中は、冷房が効いているので、薄手のカーディガンなどを持参されることをおススメします。
グアムの日差しはとても強いので、サングラスや帽子、日焼け止めは欠かせないでしょう。
グアムでは、6月~10月が雨季に当たるのですが、雨がザーッと降っては、からりと晴れるという感じなので、日本のよう連日雨になることはまずないので安心ですね。
雨季にグアム旅行をする場合には、スコールに注意しましょう。
グアムでは、一年中常夏の花が咲き乱れています。
グアム旅行では、ハイビスカスやブーゲンビリアなどの花を観賞して回るのもよいでしょう。
グアムでの楽しみ方は色々とありますが、現地のオプショナルツアーなどに参加するのもよいでしょう。
日本の旅行代理店などでも予約ができますので、先に調べておくと、現地で余裕が出ますね。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

グアムはショッピング天国と言われています

日本人にとても人気がある旅行地にグアムがあります。
グアム旅行が人気の理由には、グアムと日本の時差はわずか1時間で、フライト時間も3時間半です。時差ボケの心配がありませんね。
グアムは年間を通して気温の変化が少なく過ごしやすいことも人気の一つです。
そして、グアムはショッピング天国と言われています。
多くの方が、ショッピング目当てでグアム旅行に行くといっても過言ではありません。
タモン周辺にある旅行者対象の免税店やショッピング・センターは、23時までオープンしている所が多く、ほとんどの店が年中無休です。
ただし、クリスマスやお正月など、お休みになる場合もありますので、旅行期間が重なる場合は、事前に確認するようにしてください。
年2回のセールに時期には特に混み合いますので注意が必要です。
ショッピングには、赤いトロリーバスやザ・ショッピングバスやお店の送迎サービスなどを利用すればアクセスも簡単です。
ただ、旅行中にありがちなのですが、あまりショッピングに夢中になりすぎて、帰りのバスがなくなってしまった…なんてことにならないように、帰りのバスの時間はちゃんとチェックしておきましょう。
グアムには、24時間営業のスーパーなどもありますが、夜間の外出には注意をしてください。
昼間ビーチなどで遊んだり、オプショナルツアーに参加してからでもグアムのショッピングセンターはあいていますので、グアム旅行の限られた時間を有効に使うことができますね。
グアムでのショッピングは、とにかくたくさん歩きます。
足元は、履きなれたスニーカーなど、足が疲れない物が良いでしょう。
そして、建物の中は、クーラーが効いていて、寒く感じることもあります。
さっと羽織れるカーディガンなどを持っているとよいでしょう。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

芸術もファッションもグルメも楽しめるイタリア旅行に

イタリアには様々な名所がたくさんあります。
イタリアを旅行する際には、余すところなく満喫しましょう。
フィレンツェは優雅な街並みで、「花の都」と呼ばれています。
歴史的建造物や美術館などは、芸術の香りを漂わせています。
四季折々の表情が素晴らしいイタリア旅行では、フィレンツェにもぜひ立ち寄って下さい。
グルメを満喫するのも楽しいイタリア旅行ですが、フィレンツェでは、グルメも外せません。
フィレンツェ風ビフテキは、外せないグルメです。
ショッピングをするなら銀製品です。
イタリア旅行ならではの素晴らしい銀製品に出会えることでしょう。
また、オペラは、フィレンツェが発祥の地です。
本場のオペラを余すことなく堪能できるでしょう。
イタリア旅行フィレンツェでは、芸術鑑賞がとても良いですね。
イタリア経済・ファッションで有名なミラノもまた、芸術の街です。
洗練されたファッションは、全世界から注目されています。
水の都ヴェネツィアは、その幻想的な街並みから、イタリア旅行に訪れる人の心をつかんでいます。
魚貝料理がとてもおいしくて、ワインと一緒に堪能できます。
お土産には、とても有名なヴェネツィアングラスです。
素晴らしい色合いで、見ているだけでもうっとりしてしまいます。
イタリア旅行のお土産に、最上級のものを購入するのもよいでしょう。
また、風光明媚なナポリもイタリア旅行の人気の観光地です。
ナポリ風ピッツァをワイン片手に食べるのもいいですね。
イタリアには、素晴らしい場所がたくさんあります。
芸術もファッションもグルメも楽しめるイタリア旅行に行きませんか?
きっと、イタリア旅行のリピーターになってしまうことでしょう。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

イタリア旅行の時には、オペラ鑑賞も予定の一つに入れたい

イタリア旅行にはまってしまっている人は、何度訪れても飽きないといいます。
イタリアの魅力は何なのでしょうか?
ローマには、カトリックの総本山バチカン市国があり、壮大な古代ローマ遺跡、サン・ピエトロ寺院をはじめとする大教会や各時代の美術館には感動することでしょう。
また、美しい広場・噴水なども見所の一つです。
そして有名ブランド店や高級ブティックが多く立ち並び、ショッピング好きにとってはたまらないでしょう。
ウィンドウショッピングをしているだけでも十分楽しいです。
目の保養をしにイタリア旅行を考える人も多いでしょう。
このイタリア旅行のメインとも言われるローマは、見どころがいっぱい詰まっています。
季節ごとにその表情を変え、訪れる人を魅了します。
「ローマは一日にして成らず」と言った格言は有名ですね。
ヴァチカン市国は、面積が0.44平方メートル、人口約800人の世界最小国です。
世界中に多くの信者を持つカトリックの総本山です。
そのヴァチカン市国の世界一小さな国の郵便局では、オリジナル切手が大人気で、いつも多くの観光客で賑わっています。
イタリア旅行のお土産に、この変わったお土産はいかがでしょうか。
「真実の口」はイタリア旅行でも有名な観光名所ですね。
海の神トリトーネの口に手を入れると嘘 つきは手を食べられてしまうという言い伝えがあります。
イタリア旅行では必ず行きたい場所の一つですね。
ローマ市内には、イタリアの3大劇場のオペラ座をはじめ、多くの劇場があります。
イタリア旅行の時には、オペラ鑑賞も予定の一つに入れたいですね。
そして、やはり、ブランド通りをふらっと歩いて、最先端のファッションに触れたいです。
裏通りにも素敵なお店が多いので、イタリア旅行の際には、色々なところに立ち寄ってみてください。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

太陽の国、イタリアで、心に残る旅行を楽しんでください

イタリアの素晴らしさに魅せられて、イタリア旅行が好きという方は多いいでしょう。
イタリアは、最先端のファッションの国であると共に、おいしいグルメとワイン、そして、芸術の国です。
イタリアには、映画で見た数々の観光名所や美しい風景がありますが、本場のオペラや人気のサッカーが目的で旅行される方も多いです。
イタリア旅行が人気の理由には、一年中旅行者にとって過ごしやすい気候にあります。
ローマと東京の気温はそれほど大差なく、日中の服装で、イタリアで過ごすことができます。
ただ、南北に長い国なので、冬に北部イタリアで過ごす時には、寒さ対策が必要になります。
イタリア旅行者にはリピーターが多いといいます。
行けば行くほど奥深く、興味深いイタリアなのです。
イタリアでは、大都市でファッションに触れるのもよいですし、郊外へ、歴史、遺跡、美術につかる旅行もよいでしょう。
イタリア旅行では、グルメはどこに行っても楽しめると思います。
また、ローマ社会福祉・家庭政策局は、ホテル・リザベーション協会との協力で、ローマに到着、また出発する観光客で、障害者の館、車いすのお年寄りの方を対象にミニバスでの送迎サービスを無料で行っています。
体の不自由な方でも、少しでも便利に楽しく過ごしてもらおうとこのサービスを行っているそうです。
とても素敵なサービスですね。
イタリア旅行で、ローマを訪れる対象の方は、このサービスを利用してみれば良いではないでしょうか。
太陽の国、イタリアで、心に残る旅行を楽しんでください。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

中国旅行に来たのなら頑張って男坂を登ってみる

中国旅行を考えた時には、万里の長城へは行ってもらいたいです。
中国の万里の長城は、世界最大の人造建築物です。
その全長は7,300kmで、世界遺産にも登録されています。
その中の一つの八達嶺長城は北京にも伸びていて、標高が1,000mもあって、夏でも肌寒いです。
入口を入ると向って右側が、途中までゆるやかな坂が続く女坂、左側がいきなり急な坂が続く男坂と呼ばれています。
どちらの坂を登るかは自由だと思いますが、せっかく中国旅行に来たのだから、頑張って男坂を登ってみるのは…どうでしょう…?
女坂はとっても混んでいますので、男坂のほうが登りやすいですよ。
長城の上は滑りやすくなっているので、足元には十分気をつけてください。
頂上に到着すると、素晴らしい景色が目に飛び込んできます。
中国旅行に、万里の長城に来たことを実感してもらえるでしょう。
でも、広い中国、その景色は中国のほんの一部なのです。
最後まで登れなくて、途中で引き返してもしょうがないです。
それも、中国旅行のいい思い出になることでしょう。
この中国旅行の主役ともいうべき万里の長城へは、旅行代理店や、現地でもたくさんのツアーが組まれているので、自分に合ったツアーを探してみてください。
中国旅行では、中国雑技団のステージなどを見るツアーも人気です。
人気のある、中国への旅行ですが、中国はまだまだ、色々な面で整備がなされていないところもあります。
危険なところには近づかない、怪しいものは口にしないなど、自己防衛をしましょう。
多くの観光客が行くようなところは安全に配慮されていると思いますので、中国旅行を楽しんでください。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

中国旅行でショッピングがしたいという方には上海ですね

成田空港から気軽に行ける中国に今人気が集中しています。
成田空港から北京までは4時間で到着するとあって、中国を旅行先に計画される方が多いのです。
高度経済成長が著しいのに加え、2008年に開催される北京オリンピック等、注目ポイントがとても多いいです。
そんな背景も手伝って、中国旅行に行く旅行客が増えています。
その中で、おススメの中国旅行先が、上海です。
上海は、中国最大の国際都市です。
上海の楽しみ方は、他の中国旅行では、観光地を訪ねたりするのが人気ですが、上海では繁華街が一番面白いです。
ウィンドゥショッピングをしたり、お腹がすいたら食べ歩きをしたり、レストランに入ったり…と上海だけで、一日中楽しめます。
●南京東路
  上海最大の繁華街です。
南京東路の両側に、大小様々なお店が並んでいます。
老舗のお店も多く、中国旅行のお土産を買うのに適していますが、ウィンドゥショッピングをしているだけでも楽しめます。
終日歩行者天国になっていますので、車を気にすることなくショッピングができます。
●准海中路
  たくさんのデパートが立ち並びます。
中国の流行の最先端をいっているだけあって、若い女性の姿が多く目につきます。
ショッピング好きの方には、一日では足りないかもしれません。
●豫園商場
  観光客の姿を最も多くみるのがこの豫園商場です。
ありとあらゆるお土産ものが売られているので、中国旅行のお土産選びはココと決めている方も多いことでしょう。
建物はすべて伝統的デザインで統一されていて、中国を感じることができます。
買い物に疲れたら、ちょっと寄れる点心店や、レストランも数多くあるので、困らないでしょう。
ショッピングに疲れたら、アジア最大のテレビ塔へ行ってみてはいかがでしょうか。
この、東方明珠塔は、展望室があって上海市内を一望できます。
この一帯は上海で一番ホットなスポットです。
中国旅行の思い出に、上海からの景色で癒されてください。
上海には、中国最大級の博物館もありますので、中国の歴史に触れることもできます。
とにかく、思い存分中国旅行でショッピングがしたいという方には、上海ですね。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

中国旅行でのおススメスポットは「故宮」です

今、航空会社が大きく宣伝している旅行先に中国があります。
中国では、2008年に北京オリンピックが開催されるとあって、今急成長を遂げています。
そんな中国にオリンピック前に旅行に行こうという方が増えていて、今人気の旅行地です。
とは言っても広大な国土を有する中国です。
中国旅行を計画する際には、あれもこれもという気持ちは捨てて、効率よく旅行したいものです。
色々な予定を立てると、移動だけで時間をかなりロスしてしまいます。
色々と情報を仕入れて、効率的に中国旅行を計画しましょう。
中国旅行でのおススメ観光スポットですが、「天安門」は外せないでしょう。
この「天安門」は、1417年に明の王宮の城門として建設されました。
1949年に毛沢東がこの「天安門」で建国宣言をしています。
天安門広場では、多くの市民の方が思い思いに過ごしています。
人がとても多いのですが、これも中国旅行に来た記念として体験したいものです。
中国旅行でのおススメスポットでもう一つは、「故宮」です。
「故宮」は、世界遺産にも登録されていて、敷地内には9,000以上の部屋があって、100万点の収蔵品があります。
歴史遺産などを知りに行く旅行というと、なんだかシニア層の旅行のように思えてきますが、中国旅行は、今、若い方々に受け入れられています。
中国の繁華街は世界各国からの若者たちで盛り上がっています。
そして、中国には、奥深い歴史がたくさんあります。
この歴史抜きにして中国のことは語れませんね。
中国旅行に行って、もっと中国のことを知りに行きませんか?

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

近くておいしいグルメの宝庫といえば韓国です

旅行の楽しみといったら、その国のおいしいグルメを楽しむことが重要ですよね。
誰だって、おいしいものを食べたいと思います。
日本からとても近くておいしいグルメの宝庫といえば韓国です。
韓国旅行の楽しみの一つといえば、韓国グルメの数々ですね。
韓国グルメの筆頭はやはりキムチでしょうか。
一口にキムチといっても、韓国には本当に、色々な種類のキムチがあります。
お店によっても味はちがいます。
色々と食べ比べてみて、自分のお気に入りの味を見つけてください。
キムチは韓国旅行のお土産として持ち帰ることもできます。
お店では、密封容器や密封袋に入れてくれたりと工夫してくれますので、持って帰れます。
帰りの飛行機の中がキムチの匂いでいっぱいになるということが良くあります。
みなさん、韓国旅行のお土産で持って帰っているのでしょう。
屋台には、韓国らしいグルメがたくさんあります。
とても安くて、おいしいものだらけです。
屋台での食べ歩きは、韓国旅行の醍醐味ですね。
しかし、衛生上気になる方は、食べない方がいいかもしれません。
韓国グルメに欠かせないものが、焼き肉です。
ほとんどのお店で、日本で食べるよりも安価に焼き肉が堪能できます。
メニューの中に、キムチがあるのですが、できればキムチは頼まないでください。
韓国では、多くの焼肉店で、食事の注文をすると、無料でキムチやナムルなどの付け合わせが出てきます。
そして、それがおかわり無料なのです。
ほとんどの韓国旅行客の方は驚かれます。
今、韓国でブームな焼き肉が豚肉です。
締めで食べる焼き飯やチゲ鍋もとてもおいしいです。
韓国旅行に行って、焼き肉を食べに行かないのはもったいないですよ。
韓国ではスィーツもおいしいです。
大きなカキ氷に色々なものをトッピングして、何人かでつつきながら食べるというのが、韓国流です。
韓国旅行に行ったら、ぜひチャレンジしてみてください。
韓国には、ここでは教えられないほどのグルメがたくさんあります。
是非、今人気の韓国旅行に行って、おいしい、珍しい韓国グルメを探してみてください。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

ドラマのオープンセット「大長今テーマパーク」に行くツアーが、韓国旅行客にとても人気

今日本では、韓流ブームです。
これは、韓国のドラマや映画が日本でとても受け入れられているのが一因です。
そんな韓流ブームの相乗効果で、韓国旅行がとても人気です。
少し前までの韓国旅行に行く人の目的というと、ショッピングやグルメが一番の目的だったのに対し、今では、韓国のドラマのロケ地ツアーや、お目当ての韓流スターのショップなどに行くツアーなどがとても好評です。
この韓国旅行の主だった世代は、子育てにもひと段落ついて、自分の自由になる時間が増えてきた主婦層です。
韓国には、成田空港から2時間30分で到着するので、とても近くて・安くて・グルメもおいしくて…とその上、大好きな韓流が味わえるということで多くの人が韓国旅行に出かけています。
「宮廷女官チャングムの誓い」は日本でも話題を呼んだ韓国ドラマです。
韓国ではもちろん、アジア各国でも放送され、チャングムブームを巻き起こしました。
ドラマの舞台は李朝の宮中です。
ドラマの魅力の一つに、現代とは違った韓国の伝統文化を垣間見ることができることにあります。
そんな韓国の伝統文化が楽しめるドラマのオープンセット「大長今テーマパーク」に行くツアーが、韓国旅行客にとても人気です。
「大長今テーマパーク」はドラマの撮影のために建てられた大規模の野外セットです。
1300坪の敷地に、23ヶ所にも及ぶセットが並んでいて、まるで李朝の宮中にタイムスリップしたかのようで見どころたっぷりです。
チャングムファンの方にはたまらない場所ですね。
同じように、人気があるツアーが「冬のソナタロケ地を巡るツアー」です。
こちらは、テーマパークではなくて、ロケ地を巡るバスツアーが主流です。
他にも、韓流スターが良く訪れるお店巡りですとか、色々とあります。
こういったツアーでは、日本では手に入らないお宝グッズなどが手に入ることもあって、とても好評です。
自分でプランを立てるのが苦手という人にも、韓国旅行はこういったパッケージツアーがたくさんありますので、旅行代理店に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

韓国ならショッピングもグルメも満点です

日本から近くて安くて楽しい国といったら韓国でしょう。
お隣の国の韓国へは、成田から2時間30分で行けるとあって、とても人気の旅行地です。
韓国旅行は、ソウルなどの街を観光する旅行と、済州島などのリゾート地に行く旅行とに分かれます。
韓国の熱気が伝わってくるようなソウルと、韓国のハワイとも言えるリゾート地済州島が人気です。
ソウルでの韓国旅行の楽しみ方は、東大門や南大門でのショッピングが挙げられます。
比較的、南大門は、昔ながらの市場街という感じで、屋台に大量の商品を積んでいる光景をよく目にします。
メガネ屋さんも多く、韓国旅行に行って、メガネを作る方も多いです。
東大門は、若者が多く集まってきていて、ファッションの街のイメージが強いです。
実際、服飾品などが多く売られ、ジーンズや革製品をまとめ買いする日本人観光客も多いです。
韓国では、ファッション用品や、メイク用品が日本よりも安く買え、オーダーメイドをしてもとても安く仕上がります。
これが目当てで韓国旅行に行く人も多いいでしょう。
そんな韓国では、エステツアーも人気を集めています。
人気のエステは汗蒸幕です。
エステの料金も、日本とは比較にならないくらい安いです。
ショッピングのついでにできるくらい気軽にできるのも魅力です。
韓国は、日本よりも物価が安いので、ショッピングもグルメも満喫することができます。
もっとも、韓国旅行に行く方は、ほとんどがそれ目当てに行くのかと思いますが…。
日本からとても近い国、韓国。
ショッピングもグルメも満点です。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

格安に国内旅行がしたいという方におススメなのが「青春18きっぷ」です

電車に乗って、格安に国内旅行がしたいという方におススメなのが、「青春18きっぷ」です。
この格安国内旅行を応援してくれる「青春18きっぷ」とは、日本全国のJRの普通電車の乗り放題の切符で、1枚で1日有効が5回分で11,500円で販売されています。
年齢制限なしで、子供用はありません。
子供が利用する場合でも、大人と同じ切符が必要です。
この「青春18きっぷ」を使えば、使い方によっては格安に国内旅行ができます。
この「青春18きっぷ」は一人で利用することができますし、複数人で利用することもできます。
発売期間と利用期間が設定されていますので、その期間内でしたら余ってもまた利用することができます。
大体、春・夏・冬に設定されているようです。
この期間内に格安で国内旅行がしたいと思っている方にはお得な切符でしょう。
ただ、通常乗れる列車は、普通電車及び快速電車になっているので、かなりの労力を使いことになります。
(特例で特急の普通車自由席に乗れるものもあります)
移動に労力を使いたくない方には不向きでしょう。
まぁ、そういった方は、格安で国内旅行をしようとは考えないかもしれませんが…。
みどりの窓口や一部の旅行会社で購入することができます。
チケットショップなどでも、もう少し安く販売されているところもありますので、より、格安な国内旅行にしたい場合には探してみるのもよいでしょう。
普通電車ならどんな電車でも乗れるわけではありません。
JRで販売されている切符ですので、私鉄では使用できません。
ご家族や、友人グループなどで利用することができますので、あまりお金をかけたくない格安国内旅行を計画している時には大活躍しそうですね。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

マイカーでのフェリー格安国内旅行はおススメです

北海道に旅行に行きたいけど、飛行機代は高いし…と思って北海道旅行を断念したことがある方は多いのではないでしょうか。
暇はあるけど、お金がね…。お金をかけずに行ければなぁ…。という格安に国内旅行に行きたいという方に朗報です。
なにも、北海道に行くのは、飛行機だけじゃないのです。
時間に余裕があって、お金をかけずに格安に国内旅行をするという方には、是非フェリーをおススメいたします。
茨城県の大洗港から北海道の苫小牧港を結ぶカーフェリーなら格安で行く国内旅行にもってこいです。
大洗までは、東京から1時間半くらいで、苫小牧から札幌までも1時間半くらいです。
そして、このフェリーでの旅行は、小学生未満のお子さんがいる方に特におススメします。
その理由は、小学生未満は、大人一人に対して一人、フェリー代金が無料なのです。
飛行機ですと、3歳以上は幼児料金がかかってしまうのですが、フェリーですと無料!
夫婦と3歳~小学生未満のお子様が2人の家族旅行でしたら、断然フェリーの方がお得です。
格安国内旅行をするにはフェリーがもってこいですね。
ただ、このフェリーの旅は、長旅になります。
時間がある方向けです。
商船三井フェリーを例のとってみますと、
多彩な客室と充実したパブリックスペースが用意された夕方便で、大洗18:30発、苫小牧翌日13:30着
苫小牧18:45発、大洗翌日14:00着です。
全室ベッドで自動販売機を完備した深夜便で、大洗2:00発、苫小牧当日19:45着
苫小牧1:30発、大洗当日19:15着です。
夕方便にはバイキングの朝夕食や、展望浴場も設備されているというのもうれしいですね。
より格安に!国内旅行をお求めの方は、フェリーのチケットをインターネットで購入したり、往復で購入をすると10%割引になるのでぜひ活用したいです。
フェリーの旅は大自然と出会えます。
朝日や夕日、星空など、素晴らしい空と海のコンストラストも乗船代金に入っているとしたらまさにお得な感じですね。
イルカやクジラに出会えたら水族館代が浮いてしまいます。
お金をかけずにいかに旅行を楽しむかというのが格安国内旅行の醍醐味です。
これはまさに、ホント格安で行く国内旅行です。
そして、北海道旅行に欠かせないのがレンタカーですね。
このカーフェリーでしたら、レンタカー代も必要ありません。
マイカーがあれば、荷物やお土産も詰めるので、とても手軽に旅行ができますね。
そういった点でも、マイカーでのフェリー格安国内旅行はおススメです。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

八重山諸島はシニアの方々にぴったりな旅行地です

シニア旅行のおススメ旅行地は八重山諸島です。
沖縄のもっと南に位置する八重山諸島ですが、ここにはまだ古き良き日本が残っていて、シニアの方も納得の旅行ができると思います。
八重山諸島は、石垣島を始めとするいくつかの島々です。
石垣島を拠点として、いくつかの島を回るツアーがシニアの方に人気です。
その中の小浜島は、NHKのテレビドラマの「ちゅらさん」でも有名になった島です。
八重山諸島のほぼ中央に位置します。
「ちゅらさん」に関するツアーも数多くあり、シニアの方に人気があります。
島の5分の1の面積を占める大型リゾート施設があり、宿泊客でなくても利用料を支払えば、館内施設を利用することができて、色々な体験をすることができます。
シニアの方には、ゆっくりと休んでいただけるスポットになっています。
シニア旅行の場合は、あまり詰め込みすぎないで、ゆったりとゆとりを持って旅行するのが良いと思います。
小浜島は、海あり山ありでリラックススポットも多く、シニアの方でも楽しんでいただける島だと思います。
それから、竹富島も、シニアの方に人気がある島です。
日帰り旅行のコースが数多くあります。
シニアの方には、島内周遊バスに乗って、島を見て回るのが良いでしょう。
忘れてはいけないのが、集落内に行き、水牛車に乗って集落をのんびり見て回ることです。
水牛車に乗って、三線の音を聞けば、シニアの方でなくても誰もがその世界にはまってしまうことでしょう。
まるで時間が止まってしまっているかのようにゆったりとした時間が流れる八重山諸島は、まさに、シニアの方々にぴったりな旅行地でしょう。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

シニアの方の旅行にとってとても重要なポイント

シニア世代の方が、安心して旅行に行ける環境づくりが大切です。
今のシニア世代の方々はとても元気です。
趣味が旅行で、頻繁に旅行に出かけるシニア世代の方も多いですね。
そんな、シニア世代方の安心とはどんなものでしょうか。
普段元気なシニアの方も、旅行に行くと、どんなトラブルに遭うかわかりません。
やはり心配なのが、風邪・下痢・便秘だとおもいます。
熟年、高齢期になると、病気が心配で、旅行に行くのが尻込みしてしまう方が多いのですが、尻込みしていないで、旅行に行くことをおススメします。
旅行先で風邪をひかないためには、体温の調節がしやすい服装でいることです。
脱ぎ着がしやすい服装ということです。
暑い国では、薄着になりがちですが、デパートやホテルの中は、冷房が効いていることが多いので、それに対応できる服装を心掛けます。
寒い国でも同じことです。
空港などは設定温度が暖かくなっていて、つい上着を脱ぎがちなのですが、ここで汗をかいてそのあと冷えてしまい風邪をひいてしまう方がいます。
シニアの方の旅行にとって、とても重要なポイントです。
下痢を防ぐには、とにかく生水を飲まないことです。
カットされているフルーツも要注意です。
国によっては、洗顔や歯磨きでもミネラルウォーターを使用してもらいたいものです。
普段はそんなに食べないシニアの方も、旅行に出ると、珍しい食べ物がたくさんあって、気が大きくなってしまいいつもより多く食べてしまう方がいます。
暴飲暴食をしないようにしましょう。
便秘にはとにかくミネラルウォーターなどの水分を多く取ることです。
シニアの方の旅行にはとくに注意を払い、楽しく旅行してもらいたいものです。
大切なのは、何かいつもと違うと感じたら、すぐに付添いの人に言って、早めに対処することです。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

お年寄り向けのシニア旅行がとても人気です

日本は今、高齢化社会といわれています。
元気なお年寄りが多いことは良いことですね。
お年寄り向けのシニア旅行がとても人気です。
定年退職を迎えた「団塊の世代」も加わって、シニア旅行が秘かなブームになっています。
このシニア世代は、資金力が豊かです。
シニア旅行は、ビジネスクラスを利用した旅行など、一ランク上の旅行に人気が集中しています。
ビジネスクラスの旅行は、エコノミークラスの旅行に比べると、方面、日数にもよりますが、倍以上に跳ね上がります。
ですが、旅行代理店によると、ビジネスクラスのツアーから売り切れてしまうそうです。
せっかく旅行に行くなら、ちょっとお金を出してビジネスクラスで行くのです。
シニア旅行ならではの価値観ですね。
シニア世代の旅行はゆとりに重点を置いているようです。
そして、ゆとりの旅といえば、シニア世代に人気のある旅行が豪華客船の旅行です。
そんな、シニア世代人気の豪華客船の世界1周ツアーは、3カ月ほどの日程で安くても一人300万円台はします。
このような高額ツアーがキャンセル待ちになっているといいます。
ほとんどの方が夫婦で参加されるようです。
時間とお金にゆとりのあるシニア世代向けの旅行といえますね。
高齢化が進んで、お年寄りが多くなってきましたが、シニア世代が元気なのは喜ばしいことですね。
旅行に行くと楽しい気持ちになるというのは、老若男女問わず変わらないことですね。
お年寄りだからと言って家の中に閉じこもってなくて、シニア世代の方が、安心して安全に旅行に行ける世の中は素晴らしいですね。
これから先、もっともっと、シニア旅行に注目が集まるようになると思います。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

最近はペット同伴OKの日帰り温泉施設も増えてきています

最近は、以前に比べるとペットOKの宿泊施設が増えてきたとはいえ、旅館やホテルなどの対応はまちまちといったところです。
その点、比較的キャンプ場などでは、ペットOkのところが多いようです。
ペット旅行を考えていて、宿泊先で悩んでいるようでしたら、キャンプ場を候補に入れてみるのはいかがでしょうか。
山梨県北杜市の「八ヶ岳わんわんパラダイス」には、犬と一緒に泊まれるコテージが40棟もあります。
森の中に5,000平方メートルのドッグランがあり、愛犬を思う存分遊ばせることもできます。
1棟貸のため、大型犬や、複数の犬でも大丈夫です。
ペットOKの宿泊施設には、小型犬や中型犬までというところが多い中で、大型犬と一緒に旅行できるというのは嬉しいですね。
ペットとの旅行で、宿泊を兼ねての旅行は難しいという方には、日帰り温泉旅行はいかがでしょうか。
最近は、ペット同伴OKの日帰り温泉施設も増えてきているようです。
宿泊が難しい方は、ペットを連れて日帰り温泉旅行を計画してみてはいかがでしょう。
そして、ペットを連れての旅行は、どうしても無理だという方にはペットホテルがあります。
自宅に残して旅行が可能な場合は、旅行先からでも、携帯電話などを使って、ペットの様子を確認できるサービスがありますので、そういったサービスを利用するのもよいでしょう。
このようなペットと一緒の旅行へのニーズに対応して、各旅行代理店では、数多くのペット同伴旅行を企画しています。
ペットとの旅行にお悩みの場合は、一度のぞいてみるのもよいでしょう。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

ペット同伴じゃないと宿泊できないホテルがあります

宿泊業界は様々な特色で、お客さまの確保に取り組んでいます。
伊豆高原の「サンロード」は、ペット同伴じゃないと宿泊できないホテルです。
ペットは家族の一員ですね。
そんなペットのためのホテルがあるのです。
このサンロードは、愛犬家の方々にとても愛されているホテルです。
ペット旅行の常宿にしている方も多いそうです。
1,111坪の広い敷地で、ノーリードにて自由に遊ばせられるドッグランを完備しています。
そんな自由に遊べられる環境に、ペットも大喜びで、ペットと一緒に旅行してよかった…と本当に思ってもらえると思います。
大室山の山すその高台に位置していますので、ペットだけでなく、飼い主の方にもきっと喜んでもらえる旅行になります。
ドッグランだけでなく、プールも新設されたので、ペットと一緒に泳ぐことができます。
他の宿泊客も皆さんペット同伴旅行ですので、他の人に気兼ねすることなくくつろいでいただくことができます。
ペット可のホテルは最近多くなっているのですが、ペット連れではない旅行の方もいると、ペット連れ旅行の方は、他の宿泊客に気兼ねしてしまうこともありますよね。
この「サンロード」は、ペット同伴でないと宿泊ができないので、そのような心配はありませんね。
ペット旅行に最適です。
レストランは、結婚披露宴にも対応していますので、かわいいペットの結婚式や、ご自分の結婚式にペットに出席してもらうなんてこともできます。(要予約)
かわいいペットの喜んでいる姿を見るのは楽しいものです。
ペットがいる方のこれからの旅行スタイルは、ペットがいるからどうしよう…と考えるのではなく、ペットも一緒に楽しむ旅行スタイルに変わりますね。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

ペットも一緒に旅行を楽しみましょう

今の時代はペットブームといっても過言はないと思います。
そして、旅行ブームでもあります。
ペットを飼っている方も多いと思います。
旅行に行きたい方も多いと思います。
一昔前なら、旅行に行く時には、ペットを預けて旅行に行くのが当たり前でした。
でも、今は違います!
そんな飼い主の要望に応えてくれるのが「ペットと旅行OKの宿泊施設」です。
最近は、ワンちゃん以外のペットでも相談のうえOKという宿泊施設も増えてきていますが、主流はやはりワンちゃんですね。
そんな愛犬家のためのホテルが伊豆高原にあります。
伊豆高原の名所、大室山のすぐ近くににある渚苑は、ペットと泊まれる全室6部屋で、大人だけのプチホテルです。
伊豆高原の豊かな自然に包まれ、青い海を見下ろす高台に佇む、隠れ家的癒しの宿です。
そんな伊豆高原へ、ペットを連れて旅行に出かけてみませんか?
宿泊できるワンちゃんは、Mダックス、チワワ、トイプードル、ヨーキークラスの体重8kg 前後の小型の室内犬に限ります。
この渚苑では、様々なワンちゃんの特典があります。
●わんわんグッズプレゼント
 ワンちゃんのおもちゃや洋服など、楽しいグッズがあります。
●お誕生月のワンちゃんにはデザートプレゼント
 要予約で、お誕生月に宿泊のワンちゃんには、かわいいデザートプレートのプレゼント。
●ワンちゃん用の可愛いケーキのご用意
 オプションで、ワンちゃんに安全でおいしいケーキをご用意します。(有料)
●ワンちゃん用のプレイルーム
 おもちゃがいっぱいのプレイルームで、他のワンちゃんとの交流も。
●お風呂にはワンちゃん用のケージを
お風呂の脱衣所には、ワンちゃん専用のケージをご用意しております。
●ワンちゃん用のアメニティグッズ
 粘着シート・消臭スプレー・エチケット袋・足ふきタオルが用意されています。
愛犬家にはうれしい特典いっぱいのホテルです。
かわいいペットを置いては楽しく旅行に集中できませんね。
ペットも家族の一員です。
ペットも一緒に旅行を楽しみましょう。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

旅行券の積立というものが人気です

多くの旅行代理店で、旅行券の積立というものが人気があります。
この旅行券の積立とは、旅行券の分割前払いシステムとして、旅行代金を一定期間分割や一括払いで支払いして、満期になったら、サービス額をプラスして旅行券と引き換えができるというものです。
この積み立てで手に入れた旅行券はツアーやJR券、航空券、私鉄券、宿泊券などに幅広く利用することができます。
こういった、旅行代理店のお得なシステムを有効活用してお得に旅行券をGETしましょう。
気の合う友人2人で毎月払い 20万円コース 積立期間24カ月の場合の旅行を設定してみましょう。
月々4,082円×24回(総支払額=195,936円)+4,064円(サービス額)=200,000円(旅行券額)になります。
  *ある旅行代理店の旅行券プランを参考
一人当たり4,082円の積立額で、二人で20万円の旅行券になります。
国内旅行でしたらかなり豪遊できると思います。
高級ホテルのレディースプランなどで、エステ三昧も良し、都会の喧騒から離れた、高級旅館で温泉三昧もいいですね。南の島でダイビングなども出来ます。
一人当たり10万円の旅行券の使い道でしたら海外旅行にも行けちゃいます。
お隣の韓国や台湾などはいかがでしょうか?
近隣アジアの良いところは飛行時間が短いのに、海外旅行気分が味わえ、そして何といっても食べ物がおいしいことです。
これは、ほんの一部のプランです。
毎月支障のない程度の支出で、2年後には大きな旅行に行けます。
もちろん、2年も待てないという方には6ヶ月~プランの作成は出来るところが多いので旅行代理店に相談してみてください。
お得な旅行券を使って、計画的に旅行に行きましょう!

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

日本旅行の「ドリームプラン」がおすすめ

計画的に旅行券をGETするなら、日本旅行の「ドリームプラン」をおすすめいたします。
「ドリームプラン」とは旅行券分割前払いシステムとして、旅行代金を一定期間分割や一括払いでお支払いいただき、満期になったら、サービス額をプラスして「ドリーム旅行券」と引き換えができます。
「ドリーム旅行券」は全国の日本旅行、日旅サービスでご利用でき、ツアーやJR券、航空券、私鉄券、宿泊券などに幅広くご利用いただけます。
積み立てをしている期間に旅行の計画ができて、旅行が楽しみになっていくでしょう。
月々わずか3,000円から「ドリーム旅行券」購入の設定ができます。
積立期間もそれぞれの旅行計画に合わせて、6ヶ月から60ヶ月の間で設定できます。
この「ドリーム旅行券」で驚くのはそのサービス額です。
この低金利の時代にあって、ドリームプランのサービス額は、積立期間に応じて1.50%から3.0%(年換算金利)です!
これは断然お得ですね。
お支払いは、毎月払い、ボーナス払い、一括払いの3コースからお選びいただけます。
毎月払いとボーナス払いは、金融機関からの口座自動振り替えとなり、旅行資金が計画通り増えていきます。
「ドリーム旅行券」は、簡単な手続きだけで、夢が近づいてきますね。
「ドリーム旅行券」のご利用は、切符や宿泊券の購入から海外旅行まで、あらゆる旅に使うことができます。
「ドリーム旅行券」は、自分のために購入するも良し、お世話になった方や両親ペのプレゼントにするも良し、気の合う仲間と旅行の計画を立てるのも良しと、使い方を考えるだけでワクワクしてきますね。
旅の資金はドリームプランで貯めましょう!あなたの夢が膨らみます!!

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

貰うとうれしいギフト券の一つが旅行券です

貰うとうれしいギフト券の一つに、旅行券があります。
旅行券を貰うと、その時から「いつ旅行に行こうかな?」など考えるのも楽しくなりますね。
父の日や母の日、敬老の日結婚記念日などの記念日やお礼など、旅行券を贈ってみましょう。
きっと喜ばれること間違いなしです。
信頼と実績を誇るJTBでは3種類の旅行券があります。
●ナイストリップ
JTBの旅行券「ナイストリップ」なら、全国約1,200のJTBグループ(JTB、JTBトラベランド、PTSトラベルナビ、JTBの指定する旅行店)で使えます。
キップの購入やご宿泊、JTBの商品すべてに使えます。
有効期限はありません。
●ナイスギフト
使い勝手、安心感などから、贈られる方にたいへん喜ばれています。
JTBの商品券「JTBナイスギフト」なら、日本全国の50万店以上のデパート、ショッピングセンター、全国チェーン店、ホテル、旅館、レストランなど、幅広い業種でご利用できます。
有効期限はありません。
●プレミアージュ
「プレミアージュ」は、贈られた方が、お好きなサービスを選んで、おふたりでお楽しみいただくことができる、新しい贈り物です。
大事な方への価値ある時間の贈り物です。
上質でありながら、趣味・嗜好を選ばない、幅広いサービスが用意されています。
有効期限は発行日の翌日より1年間です。
◆グルメ
国内に誇る名店約68店を厳選いたしました。
◆宿泊
JTBが厳選した、約100件の趣のある旅館、話題のリゾートホテル等から、一泊二日でご利用いただけます。
◆ゴルフ
北海道から沖縄まで、全国約50以上のゴルフ場から、お選びいただけます。
◆リラクゼーション
ゆったりとした上級な雰囲気の中で、心も体もリフレッシュ。
◆エンタティンメント
オーケストラ、オペラ、演劇からお好きな1公演がお選びできます。
このように、シーンに合わせてJTBの旅行券を贈ってみましょう。
大手旅行代理店のJTB の旅行券なら、貰った方もきっと喜ばれると思います。
旅行券と一緒に夢も渡せるなんて、素敵な贈りものですね。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

西表島では、そんな車での旅行をおススメします

沖縄県八重山諸島に西表島という島があります。
西表島は、島の90%が亜熱帯のジャングルで覆われている八重山諸島最大の島です。
とても奥深い島なので、何泊かすることをおススメします。
西表島には飛行場はなく島へは、石垣島からフェリーで渡ります。
島で道路が通っているのは全体の4分の3です。
島はとても広いので、車での旅行が便利です。
西表にはレンタカーを扱う会社があります。
安心して車での旅行をするには、旅行前に予約をしておくとよいでしょう。
西表島の道は広くて走りやすいですが、道の脇から稀少な生物が飛び出してくることもあるので、車での旅行の時には注意が必要です。
西表島での宿泊のおススメは、「ニラカナイ」というホテルです。
このニラカナイは、月ヶ浜というとても美しい海岸に位置していまして、たぞがれ時に水平線に沈む夕日がとても美しく見えます。
このニラカナイへは、石垣島からフェリーで渡るときに、上原港が近いのですが、おススメは、大原港に渡って車でニラカナイまで少しの間旅行してください。
1時間少々でニラカナイまでは到着します。
途中、由布島という水牛で渡る島の入り口があります。
心地よい風に吹かれながら、水牛車で遠浅の海を10分ほどかけて渡ると由布島に到着します。
この光景は、テレビやメディアなどで見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。
水牛車での旅は、この西表旅行の大きな思い出になると思います。
由布島にはトロピカルフルーツなど、珍しい果物がたくさんありますので試してみてはいかがでしょうか。
また車に乗ってニラカナイへ向かいます。
途中ちょっと寄り道をして星砂の浜に向かいましょう。
車での旅行ならではの寄り道はとても楽しいですね。
目的のニラカナイは、出来てから日の浅いとてもきれいなホテルです。
バリアフリーの部屋がとても多く用意されている西表では珍しいホテルです。
ゆっくりとした時間を過ごしてください。
西表島は島を周遊するように道路が通っていて、観光客でも迷うこともなく、車での旅行にはとても向いています。
都会とは違う、亜熱帯の植物で覆われた道を、ゆっくりと車で旅行してみてください。
西表島では、そんな車での旅行をおススメいたします。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

沖縄での旅行では、車が欠かせないものでしょう

人気の旅行先が沖縄です。
この沖縄での旅行では、車が欠かせないものでしょう。
沖縄にはここ数年の間に空港から首里の間にモノレールが完成され、旅行客の足となっています。
しかし、このモノレールの区間はほんの那覇に一部にすぎません。
沖縄を旅行するに車は欠かせないものなのです。
沖縄では、日本一早く桜が開花します。
この名護の寒緋ざくらを目当てに毎年1月下旬に多くの観光客が沖縄に来島します。
名護の市街地を一望できる名護中央公園(名護城跡を含む)には、毎年1月下旬から2月中旬にかけて白色から濃紅色の花が咲きます。
1月最終金曜日から3日間は名護さくら祭りも行われ、全国から花見客で賑わいます
鮮やかなピンク色の桜が南国沖縄の青い空にとても映えてそれはもうきれいなのです。
那覇に宿泊している場合には、車でこの緋寒ざくらを見にプチ旅行しましょう。
おススメはまず目的地のある名護まで高速道路で向かいます。
空いていれば1時間強で沖縄道の終点許田に到着です。
途中サービスエリアがありますので、車を停めてみてください。
沖縄らしい雰囲気のサービスエリアになっています。
フードなども沖縄らしいものがあっておいしいです。
これも、車旅行の醍醐味ですね。
そこからは一般道で名護中央公園を目指します。
名護中央公園に近づいてくると、だんだんと緋寒ざくらが目についてくるでしょう。
車に乗っていると、まるで桜のトンネルを通っているかのようです。
本土のソメイヨシノとは違う良さが緋寒ざくらにはありますね。
緋寒ざくらを堪能したらそこからはまた車で思い思いに旅行をしましょう。
名護には有名な「美ら海水族館」もありますので行ってみるもの良いでしょう。
車での旅行ですと、山を見たり海を見たりと自由自在なのがいいです。
途中に気になったものがあったら寄ってみたりと、わがままな旅行に車はぴったりですね。
名護から那覇に帰る時には今度は高速道路を使わずに、国道58号線をひたすら南下してください。
国道58号線には色々なお店があり、目も舌も満たしてくれることでしょう。
途中に北谷という町があります。
北谷には観覧車などがあって、とてもきらびやかです。
車プチ旅行の締めに観覧車に乗って一息ついて下さい。
翌日は、沖縄県南部に車で旅行に行ってみてはいかがでしょうか。
南部もまた、北部とは違った魅力が満載です。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

カーフェリーに車を積んで行く旅行

北海道旅行ならぜひ、車を積んで、カーフェリーで行ってみてください。
北海道旅行を考えたときには先ず飛行機が思い浮かぶのだと思いますが、車で行く北海道旅行を考えてみてください。
時間に余裕のある方には、是非フェリーをおススメいたします。
首都圏からカーフェリーのにって北海道には茨城県の大洗港から行けます。
到着地は北海道の苫小牧港です。
カーフェリーは、電車や飛行機とは違う、まるでホテルのような快適空間です。
心身ともにリラックスできます。
施設も充実していますので、大人から子供まで安心して過ごせます。
フェリーの旅は大自然とも出会えます。
朝日や夕日、星空など、時間によって姿を変える素晴らしい空と海に出会えます。
イルカやクジラにも出会えるかもしれませんよ。
苫小牧には、大体18~19時間で到着します。
さて、北海道旅行に欠かせないものがレンタカーですよね。
このカーフェリーで車を積んで行けば、レンタカー代も必要ありません。
苫小牧に着いたら自分の車があるなんて、安心ですね。
車があれば、荷物やお土産も詰めるので、とても手軽に旅行ができますね。
そういった点でも、車を積んでのフェリー旅行はおススメです。
ここからは、大体車で1時間半ほどの札幌に行くも良し、富良野方面に季節に花々を見に行くのもいいですね。
おススメは、苫小牧港から車を走らせ2時間弱の洞爺湖です。
湖西側にあるサイロ展望台からは洞爺湖・昭和新山・有珠山を見渡すことができます。
湖を車で一周してみましょう。雄大な北海道の自然を満喫できると思います。
こちらは温泉地なので、温泉につかってみるのもよいでしょう。
車があれば、大きな北海道旅行もお任せください。
車で、北海道一周旅行にも行けちゃいます。
帰りの車の中は、旅行のお土産でいっぱいのことでしょう。
でも、カーフェリーでしたら、持って歩く心配もないので、気軽ですね。
カーフェリーに車を積んで行く旅行は、時間を有意義に使う大人の旅のような気がします。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

大阪旅行に行ったらぜひタコ焼きを食してください

定番の大阪旅行とはどんな旅行でしょうか?
旅行の目的にもよりますが、大阪旅行と言ったら、食い道楽ですよね。
そんな方はミナミに向かいましょう。
難波駅付近がミナミと呼ばれているエリアです。
道頓堀は大阪旅行のメッカですね。
大阪旅行に行って、道頓堀に行かないなんて、もったいないです。
大阪と言えば道頓堀っていう方も多いと思います。
グリコの看板の前ではほとんどの人が写真を撮っていますね。
これも大阪旅行のいい記念です。
道頓堀界隈は平日でもすごい人出です。
気をつけて歩きましょう。
他にも、定番大阪旅行撮影スポットに挙げられるのが「くいだおれ人形」や「かに道楽」ですね。
こちらでも忘れずに写真を撮りましょう。
道頓堀では、おいしいグルメも外せないです。
ふらりと歩いているだけで、おいしそうな大阪グルメがたくさんあります。
その筆頭は何といってもタコ焼きでしょう。
大阪旅行に行ったらぜひタコ焼きを食してください。
お店によって味も違いますので、食べ比べてみるのも楽しいです。
またミナミはお笑いの町としても有名です。
なんばグランド花月でお笑いライブを見るのも楽しいです。
ショップでは、大阪ならではのお土産が買えます。
ここでしか買えないものもあるので、大阪旅行のお土産に最適でしょう。
歴史好きな方は、大阪旅行の定番、大阪城に行って下さい。
大阪城の敷地はとても広いです。
天守閣の中にも入れます。
金のシャチホコを間近に見ることができます。
撮影スポットもありますよ。
歴史に詳しい方はしみじみと見入ってしまうかもしれませんね。
大阪は、観光もグルメも楽しめる街です。
そして人も温かい街です。
大阪旅行に行ってコテコテの大阪を満喫してください。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

大阪の東京タワーとも言える(?)通天閣

大阪の東京タワーとも言える(?)通天閣のことをどのくらいご存知でしょうか?
有形文化財に登録されたという通天閣は大阪のシンボルです。
大阪旅行で、通天閣に行くぞ!と意気込んでその姿を見たら呆気にとられて中にも入らずに外から写真だけ撮っておしまいにしてしまった…なんていう方も多いいのではないでしょうか。
それではだめです!!
通天閣へ行ったならぜひ中に入って展望台まで行って下さい。
そして、幸運の神様のビリケン様を拝みましょう。
ビリケン様は、あらゆる願いを聞いてくれる何でもござれの福の神だといわれています。
ビリケン様にあいさつをしたら、展望台へ行きましょう。
87.5mの展望台は、大阪をぐるっと一望できます。
「大都会のオアシス」と大評判です。
大阪旅行の最初に訪れた方は、これから観光する大阪の街を上空から確かめて、大阪旅行の終盤に訪れた方は、最後の大阪の風景を上空から目に焼き付けてください。
夜のライトアップされた通天閣もまたいいものです。
ライトアップのネオンの色で明日の天気がわかることをご存知ですか?
通天閣のてっぺんの丸いネオンがそうなのです。
色で天気予報を知らせてくれている世界でも珍しいものなのです。
通天閣がある一帯は、新世界と呼ばれて大阪旅行の観光客を集めています。
こちらではぜひ串カツを食べてみてください。
昼間から串カツにビールでディープな大阪を体験できます。
関東で串カツと言うと、串に刺さったトンカツというイメージですが、大阪での串カツは串に刺さった揚げ物全般をさします。
串に刺さったエビも串カツです。
関東人にはちょっと慣れませんね…。
大阪旅行に行ったら、是非本場の串カツをご賞味下さい。
新世界で、ちょっとディープな大阪旅行を楽しんでください。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

大阪府への旅行といえばユニバーサルスタジオジャパンでしょう

大阪府への旅行といえば、まず何を思い浮かべますか?
タコ焼き、お好み焼き、串カツ…と、食べ物ばかり思い浮かべる方も少なくないかもしれませんが、
大阪のアミューズメントパークと言ったらまず思い浮かべるのがユニバーサルスタジオジャパンでしょう。
このユニバーサルスタジオジャパンは、一日遊べるアミューズメントテーマパークとして、関東のディズニーランド・ディズニーシーと肩を並べる勢いです。
大阪府に旅行に行ったらぜひ立ち寄ってもらいたいアミューズメントパークです。
ユニバーサルスタジオジャパン目的の大阪府旅行でしたら、宿泊はユニバーサルスタジオジャパンオフィシャルホテルがおススメです。
東京ディズニーランドやシーのオフィシャルホテルは、ミラコスタ以外は少し遠いと感じてしまうのですが、ユニバーサルスタジオジャパンのオフィシャルホテルは近くて便利です。
アミューズメントパークで遊んでいる時に気になるのがお土産ですね。
夕方の混み合う時間は避けたいけれど、早く買ってしまうと、持っているのは嫌だし…、コインロッカー代はもったいないし…。
でも、パーク近くのオフィシャルホテルならそんなこともお構いなしですね。
これなら、買い込んだお土産もちょくちょくホテルに置きに行けます。
ユニバーサルスタジオジャパン目的の大阪府旅行ではぜひオフィシャルホテルに泊まってみてください。
ユニバーサルスタジオジャパンへは、各旅行代理店からツアーもたくさんあります。
首都圏からのユニバーサルスタジオジャパン目的の大阪府旅行でしたら、飛行機を使っての旅行をおススメします。
大阪府の関西国際空港までの所要時間は1時間足らずです。
その関西国際空港からユニバーサルスタジオジャパンは近いので、時間を有効に活用して旅行していただくことができますね。
ユニバーサルスタジオジャパンは、お子様からお年寄りまで楽しんでいただけるテーマパークです。
大阪旅行の際にはぜひ予定に組み込んでみてください。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

阪急旅行リゾートバリで素晴らしい夕日を独り占め

心に届く旅、阪急交通社の阪急旅行の今イチオシの特別企画は、「とつぜんセール」です。
「とつぜんセール」には、東京発格安航空券と、ホテルの2種類があります。
東京発格安航空券の「とつぜんセール」では、間近はもちろん、秋旅行など、気軽にご利用できる海外航空券を発売しています。
東京発格安航空券なら、阪急旅行の「とつぜんセール」です。
航空券は様々な方面を発売しています。
さすが、海外旅行も多くの実績がある阪急旅行です。
ソウルなら、19,800円~、台北なら、24,000円~という安さです。
そして、阪急旅行のスタッフがおススメするのは、ニュージーランドです。
ニュージーランドは、南半球に位置していますので、日本とは季節が逆です。時差もあまりないので人気の旅行地です。
これからのニュージーランドでは、ゴルフや海釣り、バンジージャンプ、初心者でも出来るシー・カヤックやセイリングなどが楽しめます。
海に囲まれているニュージーランドは、マリンスポーツが充実しています。
そして、ワーキングホリデーの地としても人気です。
阪急旅行で、季節や目的に合わせた、オリジナルの旅行プランをお楽しみください。
旅行券に合わせてGETしたいものが、ホテルですね。
阪急旅行の「とつぜんセール」ではホテルもお得な金額でセール中です。
こちらでの阪急旅行のおススメが、インターコンチネンタル リゾートバリです。
インターコンチネンタル リゾートバリへは、空港から車で約15分、ジンバランの中心に位置します。
ホテルの目の前には500mに渡る白砂のビーチと海が広がり、夕暮れ時にはシンバランの美しい夕日をご覧いただけます。
このジンバランの夕日は、バリの各旅行会社のツアーにも組み込まれていることが多いほど有名で、それはそれは素晴らしい夕日です。
インターコンチネンタル リゾートバリで素晴らしい夕日を独り占めしちゃってください。
「ホテルとつぜんセール」は阪急旅行が自信を持っておススメするホテルの数々です。
思い立ったら、阪急旅行の「とつぜんセール」をのぞいてみてください。
きっと、満足のいく旅行になること間違いなしですね。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

阪急交通社の「THEお宿 得の市」はとってもお得

阪急交通社の「THEお宿 得の市」はとってもお得です。
阪急交通社の阪急旅行がおススメするホテル・旅館が最大70%OFFなのです。
さらに、うれしい特典付きです。
阪急旅行のバイヤーが日本全国のホテル・旅館を厳選して、交渉に交渉を重ねて作ったおススメプランばかりです。阪急旅行限定プランが満載の「得の市」でお得に旅行に行きましょう。
この阪急旅行の「得の市」の中でおススメするのが【熱海 水葉亭】です。
この【熱海 水葉亭】は、熱海・伊豆山のめくるめく自然の宝庫の中にあるホテルです。
熱海・伊豆山は、熱海駅から少し離れた所に位置していて、町中の賑わいとはかけ離れた自然が魅力の地区です。
眼下に広がる相模湾は絶景です。
自慢のお風呂は、平安の間・飛鳥の間・王朝大浴殿・トロピカルプールからなり、そのいづれもが最大の広さと豪華さを極めています。
潮騒を聞きながら雄大な気持ちで満喫できる相模湾一望の大露天風呂と関東一の広さを誇る多彩な湯舟の“王朝大浴殿”が体を安らげてくれることでしょう。
夢のように華麗な異次元の世界があなたを待っています。
また、熱海には、毎年恒例の会場花火大会が開催されています。
澄んだ空気の上に咲く大輪の花火の花は、それはもう素晴らしいの一言です。
阪急旅行でお得に宿を予約して、熱海で海の幸、山の幸、旅行での幸せを堪能して下さい。
阪急旅行の「THEお宿 得の市」では、東日本版と西日本版があって、全国のお客さまに対応しています。
プランも、地区ごとに分かれていて、お得なお宿を探すのがとても容易です。
まだまだ色々な「得の市プラン」を更新中ですので、旅のお宿をお探しの時には、阪急旅行の「THEお宿 得の市」をチェックしてみたらいかがでしょうか。
お得なお宿が満載です。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

心に届く旅をコンセプトにした旅行会社

心に届く旅をコンセプトにした旅行会社が阪急交通社です。
阪急交通社の阪急旅行は、その豊富なサービスから幅広い層のお客様を獲得しています。
その阪急旅行が「秋旅」を応援!しています。
豊富な阪急旅行厳選のおススメ旅行は、「ズワイガニ足食べ放題の夕食付き!!乳白色の名湯 蔵王温泉の旅2泊3日」です。
羽田空港から航空機でひとっ飛び!
山形空港からホテル間は、ホテル無料の送迎バスでホテルに行きます。
宿泊はホテルルーセントタカミヤ他です。
お食事は、充実の朝食2回、夕食2回です。
1泊目夕食には、ズワイガニ足食べ放題です。
食べ放題が付いているのはとてもうれしいですね。
10月~12月の催行で、23,000円~24,000円です。(催行日は阪急交通社に確認してください)
この価格も魅力ですね。
このツアーは、往復の航空券とホテルの手配になっていまして、2日目は終日自由行動になりますので、2日目は思い思いに過ごしていただくことができます。
これから深まる秋を先取りしに蔵王温泉へいかがですか?
この東北の地山形は、風光明媚でありながら、豊かな実りも感じられる土地です。
また酒どころとしても有名ですので、食べ飲み歩きも楽しめると思います。
湯量豊富な蔵王温泉につかれば、日ごろの体の疲れも癒されることでしょう。
温泉好きの方には必見の阪急旅行のツアーです。
阪急交通社のホームページでは、このほかにも色々な阪急旅行を見つけることができます。
この秋は、阪急旅行で、旅の構想を練ってみてはいかがですか?

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

宿泊料が半額以下で高層階のスィートルームなども用意

週末に、大都市に旅行に行こうと考えている方は、一度その旅行を見直してみてはいかがでしょうか。
同じ旅行なら激安に旅行した方がよくないですか?
多くの首都圏などの大都市では観光地とは違い、週末に宿泊代金が安く設定されているものが多いです。
激安旅行をする際にはチェックしてみましょう。
そういった宿泊施設には平日に多くのビジネスマンが活用することが多く、週末は空部屋になっていることが多いのです。
割引料金を設定している場合が多く、激安旅行には欠かせないですね。
中には半額以下という場合や、高層階のスィートルームなどが適用されている場合もあるので、チェックしてみてください。
激安旅行をするに曜日を考慮に入れて探すことは欠かせませんね。
それから、カップルなどで激安旅行をお探しの場合は、ツインのお部屋よりもダブルやセミダブルのお部屋の方がお安く設定されています。
ホテルには帰って寝るだけという方は、ツインのお部屋よりもダブルやセミダブルのお部屋を狙ってみてください。
激安旅行ができれば、その分だけ、おいしいものを食べたり、好きなものを買ったりと、他のことにお金が使えます。
同じお部屋にとまるにしても、その予約方法や、ちょっと色々なことを考慮するだけで、とてもお得に激安に旅行がすることができます。
同じサービスなら安い方が誰だっていいですよね。
今度の旅行は、少し手間をかけても激安旅行を探してみてください。
自分に合う激安旅行を見つけられた時には、その旅行はとても思い出に残るものになるでしょう。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

サイト限定の激安旅行プランがあります

さぁ、秋の行楽シーズンです。
旅行に行きたい!
でも、お金をあまりかけたくない!
そうですね。お金をかけずに旅行ができたらうれしいですね。
そんな激安旅行は、ちょっとの工夫で出来るものなのです。
宿泊代が抑えられたら、おいしいものを食べたりと、他にお金が回せますね。
激安旅行を実現するにまずは、宿泊代を抑えてみましょう。
宿泊施設に安く泊まる方法は、まず、正規料金で泊まるようなことはしないでください。
まずは、泊まりたい宿泊施設にホームページがあるかどうか調べてみてください。
最近の宿泊業界にとって、ホームページというものは大きな役割を担っています。
多くの宿泊施設にはホームページがあると思います。
そちらのインターネット予約を利用して下さい。
予約をインターネットにするだけで2~3割多いところでは5割なんていうところもあります。
激安旅行でこれを活用しない手はありませんね。
それから、多くの宿泊施設で実施されている宿泊施設独自の宿泊プランを利用して下さい。
この宿泊施設独自の宿泊プランにはとてもお得に激安に利用できるものが多くあります。
宿泊施設近隣の観光スポットの入場券などが組み込まれているプランも多くありますので、そういったものを旅行に組み込んでいる人には激安にGETできます。
激安旅行には欠かせないですね。
また、宿泊施設のホームページのほかに、楽天やyahooなどで予約する際にもそのサイト限定の激安旅行プランがあります。
チェックしてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

「トクー」会員は1泊109円の宿泊サービスがあります

旅行の楽しみと言ったら、おいしいものを食べて…、日常の疲れをとって、ゆっくりするといった楽しみがありますね。
お金をかければ上級の旅行は手に入るかもしれません。
でも、旅行ってお金をかければ良いってものでしょうか?
もし、宿泊代金がうんと安く激安に抑えられたらどうでしょう。
他のことにお金がかけれますね。
そんな貴方を応援してくれるサイトがあるのです。
最近テレビなどのマスコミで話題になっているのが、激安に旅行ができるサイト「トクー」です。
この「トクー」のサイトでは、旅行に関わる多くの手配を提供しています。
「国内旅行宿泊施設・シティホテル・海外旅行宿泊施設・ツアーを含む航空券・レンタカー予約・空港駐車場予約」と非常に多岐にわたっています。
その中に、この「トクー」では、なんと1泊109円の宿泊があるのです。
まさに激安旅行ですね。
1泊109円で宿泊できるのは、限定のホテルになっていますので、まずは、会員登録をして確認してみてください。
もし、1泊109円の宿の場所と日時が合えば、早速予約してみてください。
会員登録をして「トクー」会員になって、お得に激安旅行を予約してください。
1泊109円の「トクー」です!
他にも激安に宿泊できる方法はあります。
それは、宿泊施設のホームページを訪問して下さい。
宿泊施設によっては独自にプレゼント企画などで宿泊利用をプレゼントしている宿泊施設もあります。
色々な宿泊施設のホームページを見てみて、応募してみるのも手です。
忘れた頃に、宿泊券のプレゼントが届くとうれしいですね。
激安に旅行が手配できるとちょっと得した気になりますね…。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

黒根岩温泉の女性専用タイムがうれしいです

伊豆半島に北川温泉という温泉地があります。
ここにある黒根岩風呂には、日本全国から温泉ファンが温泉旅行に訪れます。
この黒根岩風呂は、北川公営の露天風呂です。
なんと、海抜0mなのです。
波打ち際にある露天風呂です。
国道135号を下田方面に走ったことがある方は目にしたことがあるかもしれませんね。
伊東と稲取のちょうど真ん中くらいに位置します。
晴れた日には大島も臨めます。
波しぶきがかかるほど海の近くに黒根岩風呂はあります。
色々な温泉旅行に行った方はいらっしゃるでしょうけど、こんなに海の近くの温泉に入ったことがありますか?
ナイ方は、是非今すぐに、北川温泉への温泉旅行を企ててください。
ちなみに、この黒根岩風呂は混浴になります。
それを聞いてちょっと腰が引けてしまった女性のアナタもご心配なく!
女性専用タイムが設けられていますので、そちらをご利用ください。
女性専用タイムは、19時~21時です。
入浴料は600円になります。
北川温泉各宿の宿泊者は無料というからうれしいですね。
さぁ、早々に、北川温泉への温泉旅行の計画を立ててください。
北川温泉には、各雑誌、メディア等でも有名な宿「望水」があります。
「望水」は、自家源泉を持つ宿で、各お部屋には檜風呂が完備されていて従来難しいとされている各お部屋で温泉が楽しめます。
そんな至福の時を過ごせる「望水」への温泉旅行もいかがでしょうか。
ゆったりと、想い想いの時間を過ごせることでしょう。
温泉旅行は、明日からの活力を与えてくれますね。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

温泉と富士山が見えるレストランでシェフ特製のコースとデザートが食べれます

ススキ野原で有名な箱根の仙石原に温泉旅行地としても有名な仙石原温泉があります。
仙石原温泉は、箱根十七湯の一つに数えられています。
その仙石原温泉にホテルグリーンプラザ箱根はあります。
ホテルグリーンプラザ箱根は、標高860mの静かな国立公園の中にひっそりと佇む素晴らしいリゾートホテルです。
こちらの自慢は、雄大な富士の自然を眺めながらゆっくりと楽しめる露天風呂です。
こちらの温泉は、自家源泉の天然温泉です。
男女とも露天風呂からは雄大な富士山を望むことができます。
特に女性用の露天風呂からの富士山の眺めが絶景とされています。
一度は眺めてみる価値はあります。
そんな素敵な絶景が臨める温泉旅行に行ってみてはいかがでしょうか。
女性用の露天風呂では、12時~17時半までのサービスとして、富士見酒のサービスがあります。
富士山がきれいに見える露天風呂でいただく富士見酒はまた格別なものです。
とてもうれしいサービスですね。
様々な温泉旅行プランがあります。
立ち寄り湯としても12時~15時まで営業しています。
大人1,600円、子供700円です。(フェイスタオル・バスタオル無料貸し出し)
お得なランチ&日帰り入浴も好評です。
平日は、温泉と富士山が見えるレストランで、シェフ特製のコースとデザートが食べれます。
土日祝日は、温泉と旬の素材を使用した和洋バイキングです。
どちらも魅力的です。
箱根の色々な温泉に入る温泉旅行などもいいですね。
きっと、その中でも、ホテルグリーンプラザ箱根は、記憶に残る温泉の一つになることでしょう。
これからは、空気も澄んでとてもきれいに富士山が見える季節になります。
大切な人と、温泉旅行に出かけてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

「修善寺温泉開湯1200年祭」で温泉旅行がお得です

温泉旅行にもってこいの温泉地が静岡県の伊豆半島にあります。
修善寺温泉です。
この修善寺温泉では、「修善寺温泉開湯1200年祭」が開催されています。
伊豆最古ともいわれ悠久の伝統を誇る修善寺温泉の発祥から1200年。
これを記念して2007年は年間を通して各種イベントやキャンペーンが開催されています。
自然豊かな修善寺で、歴史ある温泉街の魅力をたっぷりとご堪能下さい。
この「修善寺温泉開湯1200年祭」で1年を通して行われているキャンペーンが、「親孝行キャンペーン」です。
修善寺温泉の成り立ちを振り返り、温泉旅行で親孝行してもらおうと企画された期間限定のご優待宿泊キャンペーンです。
普段ご両親になかなか伝えにくい感謝の気持ちを込めて、親子でのんびり温泉旅行を楽しんでいただこうというキャンペーンです。
期間中に親子でご宿泊の場合、平日(休前日・土・GW・お盆・年末年始等を除く) 4名様以上1室 ご両親の料金が50%OFFになります。
(ご両親の年齢お二人合わせて100歳以上の方に限ります)
詳しくは修善寺温泉旅館協同組合までお問い合わせ下さいとのことです。
とっても素敵な企画だと思います。
なかなかどんな形で親孝行したら良いのか分からない方も、温泉旅行ならきっとご両親も喜んでいただけることでしょう。
この修善寺温泉を流れる狩野川では鮎が釣れることで有名です。
周辺には鮎料理が召しあがれる料理店や旅館がたくさんあります。
温泉旅行で体をいやして、鮎料理でお腹を満たしてください。
きっと満足のいく温泉旅行になると思います。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

カメラを片手にバス旅行に参加して下さい

九州から全国に旅行情報を発信している旅行会社に西鉄旅行があります。
国内旅行から海外旅行など、幅広い商品で、お客さまの喜ばれている旅行会社です。
その西鉄旅行で、人気がある旅行がバス旅行です。
特に、団塊の世代向け「PAGES」のプロカメラマン同行の旅がおススメです。
九州の風景写真が人気の「西鉄カレンダー」の撮影場所を訪れる日帰りバス旅行です。
とても素敵な風景写真が好評の「西鉄カレンダー」の撮影場所へ、2月、5月は「西鉄カレンダー」の専属カメラマンが同行して撮影のノウハウを教えてもらえるという写真ファンにはとてもうれしいバス旅行です。
色々なバス旅行が企画されている西鉄旅行ならではのバス旅行です。
是非、カメラを片手に、このバス旅行に参加して下さい。
この他にも、西鉄旅行では、「バスハイク」という名前で、福岡県内各地から色々なバス旅行を提案しています。
その中でも特に九州の方におススメのバス旅行は、「全十二回で廻る九州八十八か所お遍路の旅」です。
1回だけの参加でもよいのが魅力ですね。
お遍路さんには行きたいけれど、四国まではなかなか時間が取れなくて・・・という方におススメです。
出発地が福岡・北九州なので日帰りで参加できます。
日程が取れて、本格的に四国へ行きたいという方のために、「四国八十八カ所お遍路の旅」もあります。
これからは旅行シーズンに入るので、混む合うことが予想されます。
バス旅行の計画はお早目にどうぞ…。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

何かと物が入用になる年末年始の用品の買い物バス旅行がおすすめ

毎年年末が近くなると、各旅行代理店から販売される、アメ横や築地市場へのバス旅行はおススメです。
何かと物が入用になる年末年始の用品の買い物バス旅行です。
多くの旅行会社は、各地から出発が設定されています。
バス旅行の良い点は、一度バスに乗ったら、目的地まで連れて行ってくれるということですね。
運転の心配がないので、お酒を飲むこともできますね。
疲れたら寝てしまっても大丈夫です。
これはバス旅行ならではですね。
さて、そんなこんなで築地市場に到着です。
こちらでは、魚はもちろんのこと、色々な物が売っています。
おススメは、食べ物屋さんです。
お寿司屋、定食屋、など色々とバラエティに富んだお店がたくさんあります。
お肉系のお店もあるようです。
安くておいしいお店を見つけてください。
そのあとはアメ横に向かいます。
アメ横では、色々なお店を見てまわってお得に買い物をしましょう。
電車だと持ち帰れないたくさんの買い物も、バス旅行なら荷物が多くなっても心配はいりませんね。
店員との値切り合戦も楽しいです。
食品だけでなく、洋品や雑貨もとてもお得な値段でありますので、時間の許す限り見てまわって下さい。
たくさんの戦利品を持ってバスに帰りましょう。
きっと、帰りの車中は疲れて眠りについてしまう人も多いと思います。
バス旅行でしたら、到着まで夢の中でもOKです。
ツアーによっては、お土産付きのツアーもあります。
中にはお正月用の新巻鮭のお土産付きなんてものも見かけます。
年末年始にかけて、旅行代理店各社がこぞって色々なバス旅行を打ち出してきます。
中にはお値打ちでお得なものもありますので、色々と調べて、楽しいバス旅行に参加して下さい。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

興味深いバス旅行コースが満載

バス旅行の筆頭にバスツアーがあります。
そのバス旅行の中でも特に人気があるのが「はとバスツアー」です。
はとバスのバス旅行には大きく分けて2種類あります。
●定期観光
定期観光バスは、観光つきの路線バス。
お客さまが一人でもいらっしゃれば出発するので安心です。
オンラインでのご予約は前日で締め切りますが、空席があれば当日でもご参加OK!
お支払いもご乗車前に窓口にお立ち寄りいただくだけ!(一部コースを除きます。)
●募集型企画旅行
 募集型企画旅行は、ご予約の人数が最少催行人員に満たない場合、中止になる可能性があるコースです。
ツアーキャンセルとなった場合は、宿泊コースはご出発の14日前前後に、日帰り旅行コースは6日前前後にお電話にてご連絡差し上げます。
出発決定前にお申し込みいただいたお客さまには、決定後、決定通知をご郵送いたします。(決定後にお申し込みのお客さまには通知はございません。)
代金のお支払いは前払いでお願いしております。
このはとバスのバス旅行では豊富なラインナップでお客さまを迎えています。
様々な観光名所を巡れて、お土産付きの日帰りバス旅行もあって、金額も安価です。
乗り場も首都圏の主要駅から出発しているのでとても便利です。
気軽にふらっとでかけられるのが日帰りバス旅行の魅力です。
小さなお子様がいたり、ペットがいるからどうしても宿泊を兼ねた旅行はできない方はぜひこの日帰りでのバス旅行を考えてみてはいかがでしょうか。
これから秋に向けて、紅葉や味覚狩りなど興味深いバス旅行コースが満載です。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

女性用のコスメポーチの旅行版のタイプのものが好評

旅行に行く時に必要なものは、旅行かばんですね。
その旅行かばんをレンタルで済ますという方も多いと思います。
海外旅行に頻繁に行かれる方は思い切って購入した方が良いかと思いますが、そうでない方にはレンタルという選択肢もあります。
たためて収納できるボストンバックやナイロンの旅行かばんはさほどスペースは必要ありませんが、スーツケースには保管スペースが必要になります。
保管スペースを確保できる広い家に住んでいる方には問題ないですが、そうでない方には悩みのタネになりますね。
本当に必要かを考えて、自分にぴったりの旅行かばんを探してみてください。
スーツケースは旅行の行き帰りのみの使用が多いですよね。
旅行中は、スーツケースをホテルなどに置いておいて、小さな旅行かばんを利用する方が多いと思います。
そんな時には、ナイロン製の軽くてたためるものが重宝します。
レスポやポーターなどの旅行かばんはしわになりにくいナイロン製のものがあるので、そういったものをスーツケースの中に忍ばせて旅行に行くとよいでしょう。
デザインにも富んでいて、色々なタイプのものがあるので、旅行のタイプに合わせて色々と揃えると便利でしょう。
値段も、1~2万円前後のものが多くて手頃です。
最近、女性用のコスメポーチの旅行版のタイプのものが好評です。
撥水性の生地でできていて、化粧水や乳液などを小分けにして入れるのに便利です。
このように、旅行かばんには大きいものから小さなものまで色々な機能や品質など細かい箇所を確認して、より良いと納得できる旅行かばんを探してみてください。
きっとあなたに合った旅行かばんを見つけることができます。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

旅行かばんを選ぶときの注意点といったら

旅行かばんを選ぶときの注意点といったら何でしょうか?
まずは、自分に必要な旅行かばんのタイプを選ぶことかと思います。
スーツケースは、表面が堅いので、中身が壊れる心配が少なく、鍵をかけるのも簡単、中身の整理もしやすいです。
旅行かばんとしては使い勝手が良いです。
スーツケースにはハードタイプとソフトタイプがあります。
行き先や使用方法、荷物の量などに応じてハードかソフトかそれぞれ選んでいただければ良いと思います。
その時の注意点は、車軸と軸受けのしっかりしたものを選んでください。
キャスターの付いているスーツケースは移動も楽ちんです。
●ハードタイプ派
・ 盗難の多い地域など、治安の悪い地域へ行く時は、切られたりすることもあるため安心。
・頑丈なため、壊れやすいものも安心。
●ソフトタイプ派
・ 安全な場所へ行くのなら軽いソフトタイプが便利です。
・ 国内旅行にはハードは少し大げさな感じがする
・多少ぶつけても旅行かばんのダメージが少ない
旅行かばんのハードタイプスーツケースには鍵がついているものが多いです。
でも、鍵をかけたとしても、何かの拍子で鍵が開いてしまうこともあります。
そんな時のためにスーツケースベルトをつけておきましょう。
ターンテーブルで荷物を見分ける目印にもなります。
最近のスーツケースベルトには、ファッション性を重視したものも多くあります。
人と違ったものを購入して間違えて持っていかれないように目安にしてください。
さらに、自分の旅行カバンを見分けるにはステッカーを張るなどの工夫が必要です。
こちらも、個性的なものを張っている方が多いです。
最近はスーツケースよりずっと小さい旅行かばんにキャリーが付いているものをよく目にします。
こちらは、手に下げることも背負うことも出来るものがあって便利です。
駅の階段など、移動のときの持ち運びに重宝します。
旅行かばん選びのポイントは、自分に合ったものを探すことから始まります。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

賢い旅行かばんの使い方とは

みなさんそれぞれ旅行かばんをお持ちになっていると思いますが、使い勝手が良い旅行かばんはどういったものなのでしょうか。
旅行かばんは、旅行のタイプによって何種類かを使い分けるのが良いと思います。
国内旅行の2泊旅行くらいまでなら、レスポートサック(通称レスポ)のナイロンバッグが使い勝手が良いです。
レスポの旅行かばんにはカギが付いているものもあって、防犯にも良いでしょう。
サイズやデザインも幅広いものがあってそれぞれの旅行タイプに合った旅行かばんを選べます。
韓国や台湾などの近くのアジアやグアムなどの近場の海外にはボストンタイプがおススメです。
あまり荷物が多くなければ、ボストンバックは機内に持ち込みましょう。
旅行かばんを飛行機に預けると、到着後、ターンテーブルに戻ってくるのが遅く、時間に余裕のない方は時間をロスしてしまいます。
まれに、旅行かばんの扱いが悪く、壊されてしまったなどの話を聞くことがあります。
心配な方は、旅行かばんは、ご自分の目の届くところへ…。
アメリカやヨーロッパなどの海外旅行にはスーツケースが良いでしょう。
お土産もばっちり買いたい!という方には、大きめのスーツケースで行かれればよいと思います。
アメリカなどでは保安上カギをかけて荷物を預けると検査の時に、無理やり開けられてしまうことがあるので、カギは開けた状態でスーツケースバンドでとめて、預け入れの荷物にします。
またこちら